医療用ウィッグの値段


画像出典:医療用ウィッグ通販「REIZVOLL」

実際に、自身が何かしらの病気になってしまい、治療の為の副作用で頭髪が薄くなってしまった場合は、医療用ウィッグを購入することを考えたりするかと思います。
しかし、気になるのはその医療用ウィッグの値段。
いくらぐらいなんだろう?と疑問に思う人もいるかと思います。
医療用ウィッグは、平均して一万~十万円となっており、値段はバラバラで、品質により、料金も異なります。しかし、これを自分の理想のスタイルを作るようにとオーダーメイドをすると、値段ははねあがり、高いものでは百万円近くになってしまう場合もありえます。
実際に長い時間で使えますし、品質には全く問題はありませんが、実際に自分が使う期間は、治療の為薄くなってしまった時期だけであり、永遠に使うものではありません。

しかし、病気の治療以外で、自分の髪の毛の量に不安を感じてきた場合は、保管しておけば再度使用することは可能ですので、治療期間が終わったから使わないというものではないかと思われます。正直値段は高く、最初に購入することに躊躇を覚える医療用ウィッグですが、高いだけの価値はあるものであり、自身の好みのスタイルにオーダーメイドをすれば、一生使用することが出来るものです。

どちらがいいのか?

医療用ウィッグは、抗ガン剤治療や放射線治療などの治療をすることにより、頭髪が薄くなってしまった人の為に使われますが、全ての人が患者さんが医療用ウィッグを使うわけではありません。実際に、薄くなってしまった人でも、全て髪の毛が抜ける訳ではなく、部分的に薄くなってしまったり、抜けてしまう人も多くいます。
ある程度自分の理想の形を作ることが可能な医療用ウィッグに対して、スタイルが固定されているが、医療用ウィッグよりも手頃な価格で求めることが出来る通常のウィッグ。これだけ見ると医療用ウィッグの方が遥かに優れていますが、通常のウィッグもたくさんの種類があるため、様々なスタイルのウィッグを選ぶ事が出来るかと思います。

しかし、JIS規格の規定ではない物の為、どうしても手入れはしにくく、ウィッグの毛が絡まってしまったり、色落ちが少ししやすいなどのデメリットはあります。しかし、医療用ウィッグに比べ、安価で種類が豊富なので、気軽に購入することが出来ます。医療用ウィッグの方が確実に自分の理想を追求することが出来ますが、自身の頭髪の状態により、医療用ウィッグを購入するか通常のウィッグを購入するか、しっかりと考えた方がいいと思います。

医療用ウィッグの用途

ファッションアイテムとして、若い女性を中心に高い人気を獲得しているウィッグですが、そのウィッグには、医療用として病気や他の原因で髪の毛が薄くなってしまった人の為に使用されている物があるということはご存知でしょうか?
主に抗ガン剤治療や放射線治療を行い、髪の毛が薄くなってしまった人に使われます。医療用ウィッグの最大の特徴として、利用者に自然な髪の毛に見せるために、人毛を使っている事が大半であり、JIS規格の規定をクリアしたウィッグです。頭皮に触れることがどうしても多くなってしまうので、パッチテストなどの様々なテストを行い、利用者の人の安全性を最大限に考えたウィッグです。

利用者のライフスタイルを考えて作られているウィッグなので、頭が蒸れないように通気性が良いように作られており、長時間ウィッグを装着していても、利用者に負担が出来るだけかからぬように、重量を出来るだけ軽くしたり、ウィッグを洗っても色落ちが少なく、長い時間使うことができます。
しかし、医療用ウィッグはJIS規格の規定をクリアしていますが、その規定をクリアしただけのウィッグなので、ウィッグの形や、見た目の自然さに特に規定はありません。もし、自身が抗ガン剤治療や放射線治療などにより、頭髪に不安を覚えてしまい、医療用ウィッグを使いたいと思っている場合は、自身の好みに合った医療用ウィッグを自分で、オーダーメイドするか、探す必要があります。