Monthly Archives: 3月 2017

医療用ウィッグの用途

ファッションアイテムとして、若い女性を中心に高い人気を獲得しているウィッグですが、そのウィッグには、医療用として病気や他の原因で髪の毛が薄くなってしまった人の為に使用されている物があるということはご存知でしょうか?
主に抗ガン剤治療や放射線治療を行い、髪の毛が薄くなってしまった人に使われます。医療用ウィッグの最大の特徴として、利用者に自然な髪の毛に見せるために、人毛を使っている事が大半であり、JIS規格の規定をクリアしたウィッグです。頭皮に触れることがどうしても多くなってしまうので、パッチテストなどの様々なテストを行い、利用者の人の安全性を最大限に考えたウィッグです。

利用者のライフスタイルを考えて作られているウィッグなので、頭が蒸れないように通気性が良いように作られており、長時間ウィッグを装着していても、利用者に負担が出来るだけかからぬように、重量を出来るだけ軽くしたり、ウィッグを洗っても色落ちが少なく、長い時間使うことができます。
しかし、医療用ウィッグはJIS規格の規定をクリアしていますが、その規定をクリアしただけのウィッグなので、ウィッグの形や、見た目の自然さに特に規定はありません。もし、自身が抗ガン剤治療や放射線治療などにより、頭髪に不安を覚えてしまい、医療用ウィッグを使いたいと思っている場合は、自身の好みに合った医療用ウィッグを自分で、オーダーメイドするか、探す必要があります。